読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界攻略の箱

Ninja250sl赤ニンジャおじさんは今日もゆく

一の瀬高原キャンプ場いこうぜ!!

はい、ども。

卒業シーズンだな。

あちこちで卒業証書持った学生さんを見かけるよ。

 

俺も遠い昔、卒業式終わったあと、最後だし……。

 

告白とか、あるかな?

 

 

とか期待したけど、

 

なかったぁぁああぁぁ。

 

山に行くぞ!!

 

 

……キャンプだ。連休だし、キャンプツーリングを決行するぞ!!

それなら前々から気になっていた一の瀬高原キャンプ場へ行こう!!

 

奥多摩の奥の奥の山奥、標高1250Mに位置する知る人ぞ知るキャンプ場だ。

しかし……、

 

世間では三連休らしいけど、おじさんは土曜日お仕事でね。

一の瀬高原キャンプ場に電話してみたら……。

 

チェックインが夜の八時でも大丈夫ですか?

 

大丈夫ですよー。気を付けてお越しください。

 

と、軽く了承してくれた!!

これなら仕事終わりでも行ける!!

f:id:gdc4:20170320184238j:plain

サイドバック、ホムセン箱、リュックを詰め込み、Ninja250slをキャンプ仕様へ!!

 

奥多摩の奥の奥の山奥……、路面凍結を心配したけど、所々濡れている路面があるくらいで特に問題はなかった。

 

以下、写真は翌朝のもの。

 

 

夜の国道411号線をひたすら走る。

 

奥多摩を越え、

のめこいの湯がある道の駅たばやまを越え、

トンネルをいくつか越え、一之瀬高橋トンネルのくぐった最初のヘアピンカーブに、

 

f:id:gdc4:20170320190057j:plain

一之瀬林道への入り口が、曲がるときは見通しが悪いから慎重に……。

林道とはいえ、舗装されてて走りやすい。

でも油断すると、ボコボコの路面が急に現れるので要注意。

 

あと鹿も出る。

 

びっくりしたー。

三頭くらい道を横断してたよ。

 

f:id:gdc4:20170320191528j:plain

林道入って、20分くらいでキャンプ場の看板が、矢印の方へ進む。

小さな橋を渡り、坂道を登る(ここから未舗装)。

 

f:id:gdc4:20170320192112j:plain

左側の広場が駐車場。残雪がちびっとある。

こっから歩き、道の突き当りまで行けば……。

 

f:id:gdc4:20170320192400j:plain

一の瀬高原キャンプ場、到着!!

 

一泊1000円、バイク300円、薪1000円で受付を済ませ。

薪が20キロ近くある……。

 

1000円でこれは安い。

ガンガン焚き火をしても一泊で使い切れるかな……。

 

さて、一の瀬高原キャンプ場はフリーサイト。

どこにテントを張ろうかなと、散策。

f:id:gdc4:20170320194309j:plain

f:id:gdc4:20170320194415j:plain

ちょっと広すぎて歩き切れない。

あれ?こっちもサイト?

あっちも?まさかここも?

てな具合に、星空の下を歩き回る。

 

そもそもバイクで乗り入れが出来ないし、駐車場近くの方が荷物を運ぶのが楽なんじゃ……。

いや、せっかくだし、森を楽しむためにもそれなりに奥の方が……。

 

などと考えながら歩いていく。

三連休の初日ということもあって、10組くらいテントがあちこちに張ってあった。

 

キャンプ場が広いので、互いに視界に入らないくらい距離がある。

 

俺も人がいない所を発見。

星も見えるし、ここにしよう。

f:id:gdc4:20170320195309j:plain

設営!!

 

f:id:gdc4:20170321181013j:plain

この孤独感がたまらん。

 

 

おっしゃ!!

 

f:id:gdc4:20170320200007j:plain

宴が始まるーっ!!

 

とりあえず、焚き火。

ここは直火OKだけど、せっかくユニフレーム ファイアスタンドII があることだし、これを使おう。

あとはここに来る途中に、いなげや 青梅師岡店で買ったキノコやらウィンナーやらもやしやらをアルミホイルで包んで焚き火へ投下。

 

さらにコールマン ホットサンドイッチクッカーでパンを焼く!!

さらにさらにチキンラーメンを食らう!!

 

f:id:gdc4:20170321174051j:plain

ビールうまいなー。

 

ただ、ここは標高1250M、寒い。

なにもしなくてもビールがキンキンに冷えてやがる!!

 

下手すりゃ凍る。

 

それでもおじさんの宴は止まらない!!

 

日付が変わる頃、テントに引っ込む。

 

気温はマイナス3°くらい。

別の意味で安眠しそうだ。

 

キャンプ特有の寒さで目を覚ますを繰り返し、朝を待った。

 

翌朝、クッカーに残ってた水に氷が張ってた。

朝日に目を細めながら、寒さに耐えたキャンパーならみんな思うだろう。

 

太陽ありがとう、本当にありがとう。

 

日が昇ると、それまでの寒さが一気に和らいでいく。

 

一の瀬高原キャンプ場はゴミ持ち帰り、食器を洗う所は二か所あり、トイレはぼっとん便所。

 

ワイルド、自然、広さ、混まない、とてもいいキャンプ場だ。

 

キャンプの荷物は管理人さんに頼めばバギーで運んでくれるよ!!(500円)

 

でもたぶん、

薪が一番重い。

 

ちなみに、そこらじゅうに薪になりそうな木が散乱してる。

ブッシュクラフトの材料に困ることはないくらい。

 

さ、今回は初めてのソロキャンプツーリング!!

今度は南下して、伊豆半島を目指すぞ!!

 

今日はここまで、次回にご期待ください。