世界攻略の箱

Ninja250sl赤ニンジャおじさんは今日もゆく

華厳の滝いこうぜ!!

はい、ども。

 

埼玉県在住の赤ニンジャおじさん。

 

 

 

我が家はもう蚊が出ます。

 

 

裏手が雑木林のせいかな?

とりあえずベープ焚こう、アレ?弾切れ(ベープマットのこと)だ。

じゃ、カトセン(蚊取り線香のこと)を焚こう、んん?これもないか。

 

しょうがない、ビバホーム行けばあるかな?コメリの方があるかな?

ガラガラ、と古くなった家の引き戸を開ける。

 

 

あれ?雨が降ってない。

今日は春の嵐とニュースで言っていたが、午後は曇り予報か……。

 

 

行けるんじゃない?午後からツーリング。(悪魔のささやき)

もうきっと降らないよ。行っちゃいないよ。(天使のささやき)

 

 

 

 

天使と悪魔が同意見なので、

ツーリング行きますか。

 

午後から出発だし、近場でどこか……。

 

 

 

日光だな。

 

 

f:id:gdc4:20180416194046j:plain

東北自動車道沿いを走る。

午後からだし、高速使おうかと思ったけど行きは下道で行きますか。

 

余談だが、下道移動において沿いの道は近道として使える。

川沿いの道、線路沿いの道、高速道路沿いの道、など。

 

ただし、スピードの出し過ぎには注意。

 

 

f:id:gdc4:20180416194611j:plain

晴れてきた。

 

これなら、リベンジ出来る!!

 

てわけで、今回目指すは華厳の滝!!

栃木県日光市にある滝。男体山の噴火により堰き止められた中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口大谷川にある滝。落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。

 

by   wikipedia

 

個人的に日本で一番有名な滝だと思っています。

しかもここは去年濃霧に阻まれて、展望台まで行ったのに何も見えないという苦渋を味わった場所。

 

今日は大丈夫そうだ!!

待ってろよ!!

 

 

f:id:gdc4:20180416200517j:plain

その前に遅い昼飯。くるまやラーメン新鹿沼駅前店!!

ここのくるまやラーメンはオリジナルメニューが豊富です。

 

 

f:id:gdc4:20180416201613j:plain

 

 

f:id:gdc4:20180416201759j:plain

日光市、到達。

 

f:id:gdc4:20180416201918j:plain

県道70号線から突入していきます。

やはり国道より県道だな!!交通量なし!!俺しかいない!!

 

 

f:id:gdc4:20180416202240j:plain

花粉症の敵。

日光街道、杉並木通り。

 

花粉の飛散は終わったのか、言う程ダメージはなかった。

 

 

f:id:gdc4:20180416204126j:plain

日本ロマンチック街道を行き、いろは坂を越える。

 

やはり春の嵐を警戒したのか、バイクは数えるほどしか走っていない。

 

 

f:id:gdc4:20180416204519j:plain

明智平パノラマレストハウス駐車場、到達。

 

 

f:id:gdc4:20180416204744j:plain

現在16時少し前。

ロープウェイ乗ってみるか。

往復730円。

 

 

……730円かぁ。

 

 

 

f:id:gdc4:20180416205202j:plain

三分で展望台へ。

 

 

f:id:gdc4:20180417214252j:plain

いくぜ!!

 

ちなみに乗客は俺の他には若いカップルが一組。

 

 

 

 

 

……なんかゴメンな。

 

 

f:id:gdc4:20180417214445j:plain

展望台からは絶景の眺望!!

いろは坂日光市内が見えます。

 

 

f:id:gdc4:20180417214629j:plain

そして反対側は男体山中禅寺湖、小さく華厳の滝が見えます。

これぞ絶景だ。

 

そして、帰りのロープウェイは俺と三組の若いカップルと一緒。

 

 

 

 

もう気配を消します。

 

 

f:id:gdc4:20180417215130j:plain

サササッと華厳の滝、駐車場へ到達。

バイク100円。

 

 

f:id:gdc4:20180417215403j:plain

観光地は16時を過ぎると人がいなくなるなぁ。

店ももう閉まってる所がチラホラ。

 

そして来たぜ。

今回は濃霧に阻まれることなく……!!

 

f:id:gdc4:20180417215751j:plain

華厳の滝だ!!

さすが午前中に雨が降ってただけあって、ゴウゴウ音が凄い。

 

 

f:id:gdc4:20180417220024j:plain

華厳の滝はエレベーターで滝壷を正面間近に見ることができる。

大人  550円

営業時間  8:00 ~ 17:00

 

ここまで来たら、行きますかー。

 

 

と。

 

ここで明智平ロープウェイの時の若いカップルと再会する。

そして、またしてもエレベーターの中は俺と若いカップルの三人で滝壷へと降下していく……。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:gdc4:20180417222621j:plain

…………。

(気まずい……、早く、早く着いてくれ……!!) 

 

 

 

 

 

f:id:gdc4:20180417222903j:plain

華厳の滝、攻略!!

 

水しぶきが飛んでくるー!!

 

 

f:id:gdc4:20180417223148j:plain

Goproでも撮る。

滝は言わずもがな圧巻だが、滝の周りのゴツゴツした岩がカッコよい。

 

 

f:id:gdc4:20180417223518j:plain

カッコよい。

 

 

f:id:gdc4:20180417223636j:plain

さ、閉店しかけてる土産屋を物色したし、この先金精道路はまだ冬季通行止めで行けないからいろは坂を戻って帰ろう。

 

 

f:id:gdc4:20180417224021j:plain

と、思ったけど少し思いついた。ツーリングを続行する!!

中禅寺湖

 

前回来た時は昼くらいで観光客や観光バスも結構いたのに、

 

夕暮れになると、道路に車もなく、歩道にも人がいない。

観光地を俺が独り占めしてるような感覚。

 

 

f:id:gdc4:20180417224627j:plain

 

 

 

f:id:gdc4:20180417224722j:plain

夕暮れの戦場ヶ原は最高。

 

 

f:id:gdc4:20180417224900j:plain

戦場ヶ原を走り、冬季通行止めのゲート付近にある奥日光湯元温泉!!

その一画、源泉ゆの香で癒される。700円。

日帰り湯が15時そこらで終わってしまう温泉街で、ここだけは19時くらいまでやってるそうです。

 

民家を温泉宿にしたような作り。休憩所も広くはないですがあります。

内湯1、露天1、シャンプーボディソープあり。

 

温泉は温泉街なだけあって、お肌つるんつるんになります。超気持ちいい。一時間くらい満喫。

 

 

それだけ温泉でのんびりすれば、あがる頃には辺りは真っ暗。

 

 

 

……これを待っていたのだ!!

 

 

戦場ヶ原は標高も高く、周りに光源もなく、遮蔽物もなく空が広い。

星空を撮るにはもってこいの場所!!

 

 

さぁGopro HERO5 BLACKよ。

夜間撮影の本領を発揮してくれ!!

 

 

 

 

 

 

f:id:gdc4:20180417230656j:plain

 

 

やるね、Gopro。

 

 

 

f:id:gdc4:20180417230741j:plain

あれがデネブ、アルタイル、ベ~ガ……。

 

 

 

f:id:gdc4:20180417230906j:plain

ソロで指さす夏の大三角……。

 

 

 

 

f:id:gdc4:20180417230932j:plain

おおおおお……。

 

 

ちゃんと星が認識出来る。

シャッタースピード30秒、ISOはよくわかんない。

 

あ、ここ戦場ヶ原の駐車場です。(三本松園地駐車場)

 

他にも一台、でかい三脚を二つ構えて夜空を撮ってる人がいた。

俺も30分くらい粘ったけど、寒いので退散!!

 

 

 

高速道路で一気に埼玉へ!!

 

速いなー、高速道路。23時に無事帰還。(明日も仕事)

 

 

初めての星空撮影だったけど、いやいやなかなかどうして楽しいわ!!

ちなみに星座とか、オリオン座と北斗七星くらいしかわからん。

 

写真はオリオン座を頑張って撮ってました。

 

 

さ!!

 

いよいよゴールデンウィークが近づいてきました!!

 

とりあえず天気だけ!!

天気だけ良ければそれで!!

 

 

どこ行こうか、ワクワクが止まらねぇぜ!!

とりあえず仕事して、体を休めよう。

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

休日の方が疲れるんだよ。

 

今日はここまで、次回にご期待ください。