世界攻略の箱

Ninja250sl赤ニンジャおじさんは今日もゆく

平尾台カルストいこうぜ!!

はい、ども。

 

埼玉県から九州ツーリングに行く場合、

フェリーで九州入りするのが一般的ですが、

 

 

 

俺は船酔いするので、

 

ていうか、乗り物全般に酔う。

自分で運転する分には平気。バスはすぐ吐く。

 

 

小学生の頃の遠足は、常に先生の隣の席でエチケット袋を構えてます。

その頃に行った家族旅行では、エチケット袋が間に合わず、

 

車の窓を開け(ハンドル)、窓から頭を出し吐きました。

 

 

 

 

東名で。

 

数kmに渡って続くゲロライン。

それが面白くって吐きながら爆笑する俺。

 

 

 

 

狂気。

 

そして大人になっても乗り物酔いは治らず、

どこかへ行くときは基本的にドライバーです。

 

てわけで、今回は行きも帰りも自走で行きます。

船はイヤ。

今日は名残り惜しいが、九州からいよいよ離脱です。

 

では、前回からの引き続きです。

 

 

f:id:gdc4:20190615222507j:plain

大分県やまなみハイウェイを駆ける。

 

大分県といえば、温泉!!

源泉数、湧出量ともに日本一の温泉県!!

 

なかでも別府温泉といえば、

知らない人はいないほど有名。

 

昨日は阿蘇山の絶景に時間を忘れて、

 

あっちへ。

こっちへ。

 

往復しよう。

もう一回、往復しよう。

 

あそこで写真を撮ろう。

UターンUターン。

 

 

などと、走りまくっていたら、風呂に入り逃して、

キャンプ場で体を拭いただけだったもんな……。

 

となれば、朝風呂!!

 

 

f:id:gdc4:20190617221625j:plain

別府市内、到着!!

 

さぁて、数ある温泉の中でどれを入ろう?

ツーリングマップルには日帰り湯のリストが載っているので、それを見ながら考える。

 

その中で、一際目立っていたのが…、

入浴料 100円。

 

安ッッ!!

 

 

f:id:gdc4:20190617222009j:plain

竹瓦温泉!!

 

地元の人に愛された共同温泉

歳月を感じさせる木造二階建ての建物。

 

周りは住宅街なのに、ここだけ時代の流れから取り残されているようだ。

 

f:id:gdc4:20190617222456j:plain

バイクの駐車スペースは建物側面にある電話ボックスの辺りにテキトーに。

では、100円払って、いざゆかん!!

 

館内もレトロ調でいい雰囲気。

温泉は内湯が一つ、こちらもなかなかくつろげる。

 

どらどら、まずは体を……、

 

 

……洗うとこがない。

鏡は二ヵ所、壁に設置してあるが、そこに蛇口は無い。

 

 

……これは、まさか……。

 

 

汲み取り式?!

 

説明しよう!!汲み取り式とは、湯舟から直接、桶などでお湯を汲みそれで体を洗う方式である(俺が名付けた)。

昔の共同浴場などでは主流であったが、今はほとんど見ない。

湯舟から直接汲むため、湯舟の縁で座られると汲むのに邪魔になるので、汲み取り式の風呂では縁に座らないのがマナーです。

 

 

いやー、さすが温泉地。

こんなんまだあるんだなー。

 

しかしこれ、外国の方はおろか今の若者は知らないだろ。

と思ったらみんな普通に汲んで洗ってたわ。

 

 

風呂の温度は熱め。

最後に火照った体を冷水(本来は風呂の温度調節に使われる)でしめて、

スッキリ!!

 

ここは砂風呂(こっちは1030円)もあるので、今度来れたときは、

砂風呂にも入ってみよう。

 

 

f:id:gdc4:20190617225051j:plain

喉が渇いたので、自販機でジュースを飲んでいたら、隣にある。

大分からあげ、というお店が丁度オープンした。

 

揚げたて、おいしいですよー。

 

一つください(デブの条件反射)。

 

 

f:id:gdc4:20190617225349j:plain

うめー。

これ運動部が部活帰りに食うやつだ。うめー。

 

 

 

さて、あとは埼玉県まで約1100km高速で駆け抜けるだけだ!!

楽しかった九州ともさらば!!

 

思えば、九州入りした初日から大雨で大変……、

 

 

f:id:gdc4:20190516213841j:plain

f:id:gdc4:20190516214152p:plain

そういえば、俺は初日に平尾台カルストを目指し、雨で視界ゼロになって引き返したんだよな……。

 

 

今なら……、行ける……?

いやしかし時間が……。

 

ツーリングマップルを開き、道順をなぞる。

確かに別府から関門橋を目指す、その

通り道に平尾台カルストがあるっちゃあるが……、

 

 

地図から視線を上げる。

 

 

f:id:gdc4:20190617233014j:plain

行くしかねぇよなぁ。

 

もう天気良すぎッ。

 

てわけで、今回の目的地は平尾台カルスト!!

 

平尾台(ひらおだい)は福岡県北東部に位置する。

台上面積約12km2の結晶質石灰岩からなるカルスト台地であるが、東北部の一帯はカルスト地帯ではなく、花崗閃緑岩からなる。国の天然記念物に指定されている。

日本三大カルストの一つに数えられる。

 

by  wikipedia

 

 

f:id:gdc4:20190618213112j:plain

平尾台自然観察センター、到着!!

やってきました平尾台カルスト!!

 

これでカルスト台地に来たのは秋吉台に続いて2ヵ所目!!

 

平尾台カルストエリアは高原という感じで、

入った途端、広々と視界が開けるが、

 

カルスト!!

 

という絶景を見たいのなら、

近くにある千仏鍾乳洞の周りがオススメ。

 

と、平尾台自然観察センターにいらした、

ここが地元という老夫婦に教えてもらった。

 

俺のホムセン箱に貼ってあるご当地ステッカーに、

すごく食いついて、30分くらい話してた。

 

老夫婦に別れを告げ、

オススメしてもらった千仏鍾乳洞の方へと向かう。

 

カルストォォォ!!!!

 

 

f:id:gdc4:20190618214048j:plain

 

 

f:id:gdc4:20190618214125j:plain

 

f:id:gdc4:20190618214319j:plain

f:id:gdc4:20190618214401j:plain

平尾台カルスト、攻略!!!!

 

うあー。超気持ちいいぃぃ!!

 

広がる平原、吹き抜ける風、カルスト特有の岩、

何より突き抜ける青の天気!!

 

 

f:id:gdc4:20190618215558p:plain

勝ったなガハハ!!

リベンジしてやったぜ!!

 

この辺りの平尾台カルスト周辺道路は中央線は無く、

道幅は1,5車線くらい。

 

待避所は、それなりにあるので、

車はそこですれ違いが可能。

 

ぃよし!!

 

せっかくここまで来たんだ。

千仏鍾乳洞にも行ってみようじゃないか!!

 

 

大人一人、お願いします!!

 

 

はい、大人800円です。……丁度ですね。

では、そちらでサンダルに履き替えてください。

 

 

…………え?

 

 

洞内の順路に川が流れてるので、

靴のままだとびしょびしょになります。

 

 

…………え?

 

 

 

 

水深は、だいたい膝までかかります。

 

 

 

 

 

…………え?

 

 

 

 

f:id:gdc4:20190618221236j:plain

水温は14℃です。

 

 

 

f:id:gdc4:20190618230109j:plain

…つめてぇよ!!!!

 

は?ウソ?この状態で進んでいくのかよ?!

 

 

 

f:id:gdc4:20190618221829p:plain

悪戦苦闘する戦士たち。

 

洞内は周遊ではなく、ピストンなので、

狭いところではすれ違いが出来ず、渋滞。

 

その間に、足元からどんどん体温が奪われていく。

 

 

f:id:gdc4:20190618222701p:plain

それでも頑張り、足をじゃぼじゃぼ動かしながら奥へと向かう。

 

 

f:id:gdc4:20190618222939p:plain

おお?

まだまだ先はありそうだが、今日のところはここがゴール地点!!

 

やってやったぜ。

 

日によっては、この先に行ける日もあるようだが、

(懐中電灯と着替え、または水着必須)

 

f:id:gdc4:20190618223605p:plain

こわ。

電気無いと難易度エクストリームだな。

 

今日はこの辺にしといたるわ。

 

 

f:id:gdc4:20190618224750j:plain

無事生還。

 

f:id:gdc4:20190618224822j:plain

千仏鍾乳洞入口にある茶屋、せんぶつ茶屋にて、まんじゅう。

やっぱ日本人はまんじゅうとお茶ズラ。

 

はぁー疲れた。足ふやけちった。

 

 

その後、平尾台カルストに別れを告げ、

そしていよいよ、九州離脱の時。

 

 

f:id:gdc4:20190618230427j:plain

行きとは違い、空が青い。

 

思えば、九州初日から大雨で、予定通りにいかず……、

とても100点とは言えない旅だった。

 

 

 

 

 

100万点は、ゆうに超えるだろ?

 

楽しい楽しい旅だったぜ!!

 

 

f:id:gdc4:20190618231005p:plain

じゃあな!!

九州!!

 

しゃ!!

埼玉県まで1000km走るぜー!!

 

 

 

f:id:gdc4:20190618231143j:plain

が、俺はレッドバロンにピットインしていた。

 

 

 

チェーン不調。

 

 

まだGWツーリングは終わらない。

 

 

今日の戦利品。

 

f:id:gdc4:20190618231950j:plain

別府ステッカー、別府湾SAにて獲得!!

 

 

さぁ、九州を離脱して帰路!!

山陽側を走り抜けます!!

 

 

今日はここまで、次回にご期待ください。